読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名刺印刷を激安更に高品質・即日注文

名刺印刷を即日発送可能でさらに激安でできるネット注文を紹介します

業者に名刺印刷を依頼する手順と料金の目安

名刺印刷の体験談

名刺をつくってくれる業者はたくさんあります。東京のビジネス街などを歩いていると、看板がでているのを見ることもおおいです。

即日どころか、1時間、2時間などでつくるという看板がかかげられているように、名刺をつくるのに時間はかかりません。

枚数も50枚、100枚などから頼むことができ、価格も白黒片面5000円程度とお手頃。

まずお店にいったら、見本の中から、気に入ったデザインを選びます。そして価格を確かめたならば、記載事項を紙に書きます。

名前と肩書、連絡先などがはいっているものが一般的で、用途を考えて記載事項は選びます。

このとき名前住所などの記載に誤りがないようによく注意します。

一旦発注してしまったら、取り消しはきかないからです。料金は前払。急ぎだと少し高めで、急がないならば安めの料金の基本です。

場合によっては、メールでデータの確認をしないと、名刺印刷できませんという業者もあります。

その場合には、1時間以内でつくるのは無理となります。名前、住所、電話番号、メールアドレス、所属先やそのほかの必要事項を記入して渡します。

店主は丁寧に一文字一文字確認しながら、赤ペンで、内容をチェックしていきます。

日本社会において、名刺交換はおつきあいの最初の一歩。名刺をつくってみましょう。自分でもできますが、業者にたのんだほうが、しっかりしたものがつくれます。

メールでデータの確認をしないと請け負えないといわれた場合の納期は、最低一日以上となり、翌日か翌々日以降の仕上がりとなるのが普通です。やはり前払いとなります。

納期が二日以上になることはまずありません。ご自身の都合にあわせ、名刺印刷を依頼してみましょう。

なお、名刺印刷には、両面印刷やカラー印刷もあります。企業のロゴをいれる場合などにはカラー印刷が便利です。英日両言語で記載したい場合には、表に日本語、裏に英語などで表記することも可能です。

場合によっては、裏に著書などを印刷する方もいます。この場合にも仕上がりにかかる時間はかわりません。料金のみが若干高めとなります。